【大国主神社】テレビで紹介!種銭とは?買える時間帯や効果を調べてみた

大国主神社のご利益

大国主神社は金運のご利益があり「木津の大国さん」と信仰されています。特に宝くじ高額当選が期待できると噂になり、種銭を求め多くの人が訪れます。

こんな人におススメ!

・宝くじを購入する予定だ

・金運アップを祈願したい
・縁結びを願いたい
・船に乗る職業に就いている

大国主神社の営業時間

参拝時間   :9:00~17:00

御朱印受付時間:9:00~16:00

大国主神社アクセス

電車で大国主神社へ行く場合
地下鉄御堂筋線「大国町」駅から徒歩4分
地下鉄四ツ橋線「大国町」駅から徒歩4分

 大国主神社の駐車場

大国主神社の裏側にライフがあり広めの駐車場があります。

全日ライフで500円以上のお買い物をすると90分無料になります。

ですが、20分200円なので何も買い物する場合がなくても、お安い料金になっています。

時間料金 最大料金
平日 9:30-24:00 20分100円
24:00-9:30 60分100円
1,200円
土日祝 9:30-24:00 20分100円
24:00-9:30 60分100円
1,500円

金運アップの大国さん

七福神の一人、大国天が祀られている大国主神社。

狛犬ならぬ、可愛い狛ねずみが米俵と打ち出の小づちを持っています。

狛ねずみの伝説

むかし、大国主命(オオクニヌシノカミ)が火に囲まれてしまった時にねずみが地下の洞穴に誘導し、命を救ったという伝説があります。
そこで大国主神社ではねずみが神の使いとして鎮座するようになりました。

 

こちらの神社、大阪でも有名な金運アップのご利益があり特に「種銭」というお守りを持っていると嬉しい収入や宝くじに当選しやすいという噂があります。

以前テレビで、その種銭が紹介されて一気に人が押し寄せ手に入りにくくなってしまいました。

種銭の値段や購入方法

2019年6月現在は、いつでも種銭を手にすることができます。

値段:500円

ちょうど切符くらいの大きさのお守りで、中には福神金像とお金が入っているようです。

宝くじ当選や金運アップ、商売繁盛にもご利益があります。

種銭は自分の仲間(お金)を呼び込んでくれると言い伝えられているのでお財布や金庫、レジなどお金が集まる場所に一緒にいれておくと効果が得られます。

敷津松之宮神社

大国主神社がある境内には、氏神様として敷津松之宮神社が存在しています。

昔、このあたりは海だったようで航海の安全を守るために創建されました。

1つの境内に2つの神社が入っている珍しい場所です。

大国主神社の御朱印

日出(ひので)と書かれていて、打ち出の小づちの印が押されています。

料金:300円

お守りの種類と値段

ひっそりとした社務所は通常は窓が閉まったままで呼びかけると中から人がでてきますが、

お守りなど陳列しておらず内容などがわかりにくくなています。

縁結び守り  700円

金の小槌 500円

福のぞき小槌(赤・緑)500円

合格祈願守り 1,000円

災難除け身代わり守り 500円

交通安全守り 小500円 / 大1,000円

お札 1,000円

大国主神社おみくじ

おみくじを引きたい場合は社務所の方に声をかけると、

中からおみくじ箱を持ってきてくれます。

1回200円

よくみるオーソドックスなおみくじですが紙質がざらばん紙?で印刷された感じのものでした。

特に無理してひかなくてもいい感じがします。

大国主神社の初詣の混雑と屋台は?

こちらの神社は初詣の時よりも、商売繁盛を願う十日えびすの方が混雑します。

初詣はあまり混雑することがなく近所の人が参拝する程度で空いている状態。

十日えびすは近くの今宮戎神社と合わせて参拝する人も多く、

警備員さんまで出動するほどの混雑具合です。

境内の中には屋台はありませんが、時々周辺道路に屋台が出ている場合があります。

大国主神社の口コミ・感想

駅からも近く車でも行きやすい神社です。

境内はそんなに広くはないのですが、木彫りの大国さんを一目見てご利益をもらってください。

一時、種銭がなかなか手に入らない状態でしたが、

テレビで放映されてから少し日がたつと落ち着いた感じです。

ただ、雑誌などにも時々掲載されているので、またいつ種銭が手に入りにくくなるかもしれないので今の内に手に入れておくことをおすすめします。

大阪では商売繁盛の今宮戎が有名ですが、大国主神社の「宝くじ」などの目先のお金(笑)が手に入るというご利益はこっちの方が上かも。

欲にまみれた方々、是非大国主神社の種銭をいただきに参拝しましょう!

 

テキストのコピーはできません。