戦艦大和由来【大和神社】で勝負運を磨く!バラエティあるおみくじ

大和(おおやまと)神社のご利益

日本大国御魂大神(やまとのおおくにみたまのおおかみ)が祀られる大和神社は土地の神様で2000年以上前の日本最古と言われる神社。戦艦大和の守護神でもあり勝負運のご利益もあります。

こんな人におススメ!

・人生の勝負にでたい
・長期の旅行にでかける
・受験・試験を控えている

・農産物関係の仕事をしている

大和神社の参拝時間

参拝時間 :24時間いつでも

御朱印受付:9時~17時

大和神社は門などがなく、24時間いつでも参拝することができますが街灯がないので夜は真っ暗になります。

大和神社アクセス

電車で大和神社へ行く場合
JR万葉まほろば線「長柄駅」から徒歩7分
バスで行く場合
近鉄「天理駅」から桜井駅行で10分「大和神社前」下車し5分

大和神社の駐車場

大きな鳥居をくぐり左手に10台ほど停められる駐車場があります(無料)ここが満車の場合は参道の端に停めることができます。大和神社の周辺にはコインパーキングなどがありません。

戦艦大和ゆかりの地

境内右手には戦艦ヤマトのゆかりの碑があります。戦艦大和には大和神社の御分霊が祀られていて、守護神と言われていました。また遣唐使らは出発の前に、この大和神社に参拝して航海安全の祈願に訪れていたようです。

参道の長さは戦艦大和の船の長さと同じ270mあります。幅は参道の約5倍!

戦艦大和が撃沈し、殉死した2736名の御霊が祀られています。

向かいには戦艦大和の展示室があり、パネルや模型などが展示されています(無料)

水の神様と商売繁盛

本殿隣にある朱塗りの鳥居には龍の神様が祀られている「たかおおかみ神社」があります。昔は雨乞いなどを祈願されていて「水が豊かな実りを結ぶと商売もうまくいく」と、されています。

ひらきの神「増御子神社」

境内入り口にある増御子(ますみこ)神社は、「先立ちの神」「ひらきの神」として開運・将来の繁栄・学業成就などのご利益があります。ご祭神は猿田彦大神で、こちらも日本最古と言われています。

大和神社御朱印

大和神社には3種類の御朱印があります(300円)

大和神社お守りの種類と値段

大和神社で有名なのは「最強お守り」(1,000円)で、濃紺に金色の刺繍で最強と書かれてあります。また、交通安全ステッカーには戦艦大和のシルエットがあり、とてもカッコいい!

右側の戦艦大和の詳細などが書かれた、てぬぐいが人気で男性の参拝客が多く購入されていきます(500円)

大和神社おみくじの種類

大和神社にはクオリティの高いおみくじがあります。どれも一律300円ですが、おすすめは金色の2種類。

漢字蒔絵・・・おみくじの中に漢字一文字のシールが入っています。

漢字にちなんだ具体的な啓示が書かれています。透明枠のシールになっているのでスマホや手帳などに貼ります。

女みくじ・男みくじ・・・性別によるおみくじで一言守り付き

性別に合った内容の事が書かれてあり、金色の一言守りが付いています。お財布などに入れておくといいようです。

大和神社の初詣と屋台は?

1月3日の様子です。10数人ほどで、かなり静かでした。大晦日から元旦にかけては24時間提灯に明かりが灯り、巫女さんや神主さんも常時していますが、その他は通常参拝時間のみになります。

屋台等はでていません。

奈良大和神社に行ってきた感想

石上神宮から車で5分程度の場所にありますが、年末年始でもひっそりとした神社です。戦艦大和ファンは遠方からでも訪れる人が多く、殉死した方々に祈りを捧げます。

元々戦艦大和が好きだった私も、参道の長さや幅で実際の船の大きさを体感することができて感動しました。

できれば戦艦大和の刺繍がはいったお守りがあればよかったと思いますが、思いのほかクオリティの高いおみくじをひけて大満足です。