【服部天神】足の神様のご利益を求め全国から参拝者殺到!

服部天神のご利益

医薬の祖神「少彦名」が祀られていて足のむくみや、かっけなど足の病気を治すと伝えられています。スポーツ選手をはじめ「足」を大切にした芸能人も多く訪れます。

こんな人におススメ!

・かっけや足の病気を治したい
・足のむくみがひどい
・スポーツをしている
・合格祈願をしたい

大阪「服部天神」の参拝時間

参拝時間 :6時~18時

御朱印受付:6時~18時

服部天神神社アクセス

電車で服部天神へ行く場合
阪急電車「服部天神駅」駅から徒歩1分
阪急バスで行く場合
梅田駅から約35分(260円)
豊中駅から約14分(220円)

大阪服部天神の駐車場

境内の中に無料の駐車場があります。約6台分くらいのスペースですが、平日は十分停めることができますが週末はやや混むことがあります。

その場合、反対側の入り口前にある有料駐車場がおすすめです。

時間料金 最大料金
全日 40分 200円 900円

足踏み石で健脚祈願

足の痛みやむくみが取れると信仰されている「足踏み石」があります。

拝礼の方法

靴を脱ぎ本社に向かい二礼二拍手一礼をし石に腰かけ、そのまま足の健康を祈願します。

 

足の祈祷料金や予約方法

祈祷受付時間:9時半~16時

所要時間  :15分~20分

祈祷料金  :1万円

こちらの神社では、足の痛みやケガなどの回復を願って祈祷を行っています。事前予約制ではなく、当日受付時間中に社務所の方に申し出ます。
平日はかなり空いていますが、週末でもあまり待つことはありません。七五三の時期は少し混み合いますが、待合所もあるのでゆっくりとできます。

足のケガで参拝できない場合は代理人の方でも祈祷を受けられます。また、付き添いの方がついても大丈夫です。

稲荷大明神で自分の干支の神様に願い事

境内にある「稲荷大明神」には十二支の神様が並んでいます。自分の干支の神様にお参りしましょう。入り口にある「祈祷大玉串」に、今日の日付・名前・年齢を書いて300円納めて奉納します。

服部天神のお守り

足の神様とのことで「わらじ」のお守りがあります。

足の病気が治癒したなど、お礼参りのわらじがたくさん奉納されている「わらじ堂」。奉納品は江戸時代のものからあり、初代中村歌右衛門や力士などのものがあります。

足の守護祈願大祭

服部天神では毎年8月25日10時~、足の守護神を祀る特殊神事を行っています。神職が人形(ヒトガタ)で参拝者の足をさすり祈願します。

また、当日特別わらじ守りが参拝者に無料で授与されます。

御朱印と御朱印帳

御朱印 :300円

御朱印帳:1,500円

おみくじ料金と内容

服部天神のおみくじは恋みくじとシンプルなものの2種類があります。

恋みくじは千代紙で作られた人形が入っています。ですが、よく他の神社でもみるものです(300円)

こちらはシンプルな方です(200円)

2019服部天神の秋祭りいつ?

10月17日(日)13時~

神幸式

 

10月25日(金)11時~

例大祭

大阪服部天神へ行ってきた感想

平日の13時頃に訪れましたが、参拝者は数人ほどで静かな神社でした。足の神様とはめずらしいのですがお礼参りされているわらじの数がとても多かったので、ご利益の効果があるんだなと思いました。

所要時間は15分ほどで、しっかりお参りして境内をぐるっと散策してもそのくらいで終わります。

全体的に朱塗りの綺麗な神社ですが、随所に整備されていない感じがあります。駅からも近く、足に持病を抱えている人、スポーツをしている人におすすめの神社です。

 

テキストのコピーはできません。